zakkabakkaのブログ

革のこと、関係ないことまで色々とお店の日々を書いてます。

色んな形の「ものづくり」

ハンドメイドマーケット「minne」が、販路を拡大しました。

(詳しくはこちら

人が一から手で生み出したモノだけでなく、
生産過程の一部を人に頼んだモノや、
自作のデザインをプリントしたモノなども販売できるようになりました。

更に、代理出品、いわゆるセレクトショップも出店可能になりました。





買い手は、今までより一層多くの「こだわり」作品を見つけられるでしょう!
良いことですね。

ただ、売り手はより一層レベルの高い中で作品を出していくことになると思います。










5年前、「自分で作ったモノを売ろう」と思って始めた時から随分ハンドメイド市場の様子も変わったように思います。

当初のハンドメイドのイメージを誤解を恐れずに言うと
「少し下手でも心のこもった、世界に一つだけのモノ」
でした。

実際、当時出品していた「iichi」「creema」「dクリエイターズ」でも
在庫数が一つだけの作品も多かったと思います。





ていうか「dクリエイターズ」わかる人います?(笑)
懐かしくないですか(笑)






さて、そこから時代が大きく変わりましたよね。

今はもう、商品の質だけでなく、写真の撮り方や魅せ方、説明文の書き方まで全てがメーカー顔負けです。

イベントに出店しても、右も左も後ろも、すごいクオリティ。

お客さんの目も肥えてきていると感じます。

売り手としては、日々しごかれ、勉強になる。
そしてもっともっと、高みを目指したい気持ちになります。





一方、趣味から始めた個人が簡単に足を踏み入れられなくなってきちゃったようにも感じます。

私自身も職人の出とかではなく、ただ手作りが好きということから始めました。

でも当時の自分がもし今のハンドメイド戦国時代で売る勇気があったかと言われると……

ないかも(笑)





でも、そういう風に「ちょっと自分の作ったもの売ってみたい」って思う人、きっと沢山いますよね。

例えば専業主婦かもしれないし、副業でやりたいかもしれない。
そういう人には、だいぶハードル上がっちゃったなあ…と思います。

私も普通に、自分で作ってて思うときあります。
「このクオリティじゃ、出せない!!」って。

そうすると、手仕事人としては技術も上がるし良いことだとも思います。

ただ「クオリティ」の意味を履き違えて「手仕事の温かさ」をなくしたくはない。





「手仕事の温かさ」の意味は、きっとそれぞれの感覚で違ってくると思います。

ちなみにザッカバッカは、私も母も、ずーっと変わらずやっていきたいなと思っています。

大きくもせず、量産もせず。
自分たちが一から作ったモノを、売り続ける。

毎日、

「こんなの作ったら可愛くない!?」
「いやそれ超可愛いでしょ!」

なーんてやり取りしながら作っている、
ひとつ作る度に結構疲れる、

そんな毎日を続けていきたい。





例えば会社にしたり、生産ライン確保したり、大きくすると色々考えること増えるじゃないですか。
そうすると、作ること以外のことを考えなきゃならん時間が増えちゃいます。

じゃあそういう諸々の面倒事を、
コンサルタント雇ったり、広告打ったり…
ってやってると、材料費以外の出費も増えちゃいます。





要するに、手作りを自分たちがやってるのが、一番好きなんです。

「作ること」になるべく多くのお金と時間をかけたい。

何作ろうか考えて、形にしてみて、
失敗して、成功して、
それが売れて、喜んでもらえて。

それらの全ての工程を自分たちでやるのが、大好きなんです。
それだけです。






あーーー
死ぬまでこうやって作って売って、
ぽっくり死にたいなぁーーーー(笑)

まだ先は長いですけどね。
うちの母だって多分100歳過ぎてもまだ作ってんじゃないですか(笑)


人員増えるとしたら、自分のこどもがやりたいって言ったときくらいですかね。

……その前に誰か結婚相手探してくれます?(真顔)





長くなりましたが、ここいらで終わります。

色んな考え方がありますが、ザッカバッカはとにかく2人とも、モノづくり大好きということです。

伝わりますように。
伝わってください。
伝われ。

改めてこんな私たちですが、
これからもよろしくお願いします。

From: Zakka Bakka

雨の日の靴

どうやら梅雨に入ったようです。

数日前から、今日梅雨入りするって言われてたの、皆さん知ってましたか?

私は知りませんでした。

 

「私が1番早く梅雨入りに気づいた」

くらいに思ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日の靴、皆さんどうしてるんでしょう。

困りますよね。

 

今のところ、私には2つのパターンしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パターンその1:レインシューズ

これは多様します。

雨の日に必ずと言っていいほど履きます。

見た目スリッポンなので、普通の日にも使えるし超便利です。

 

ちなみにこちら。

 


f:id:zakkabakka:20190611153154j:image

 

なにせ安い(笑)

安いのに、もう1年も使えている。

まだまだ綺麗だし、これからも使っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パターンその2:サンダル

全てを諦めた作戦です。

海を歩くようなビーサンが1番おすすめ。

 

そういえば、鎌倉市民なので持ってるんですけど、ビーサンって持ってない人もいるんでしょうか?

 

あと、夏になるとビーサンが日常の靴になるんですけど

それって海のある街のみでしょうか?

 

話を戻しましょう。

これは全てを諦めたような作戦のように見えて、実は清々しくダメージを回避した作戦でもあります。

 

というか、ダメージを受けつつ、全てを無かったことにする

そんな作戦です。

 

目的地に到着した時に、タオルが必須になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の2パターンで生活していましたが、どうもそうは行かない状況になっちゃいました。

 

今度の日曜日、友人の結婚式二次会に出席します。

 

スリッポンかビーサンは……アウトですよね…。

 

 

 

 

 

 

ということでパターンその3:防水スプレーをかける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おや……

 

…このパターン、もっと早くやっていても良かったのでは…?

 

どれだけずぼらか、バレてしまいますね☆

 

 

 

 

すぼらな私ですが、ちょっとおめかししてパーティを楽しんで来たいと思います。

高校の時の友人です、おめでたや!

プチ同窓会になりそうで、楽しみです。

 

雨の日の靴についてパターンその4がある方は教えてください。

 

それでは!

 

 

https://www.zakkabakka.net/

 

今週のお題「雨の日の楽しみ方」

パステルピンクのミニ財布

最近春めいて来ましたよね。

出かける時につい、明るい色の服とか鞄を手に取ることが増えました。

 

お日様がぽかぽかしてると、気分もぽかぽかしてくるし

そうすると何故か明るい色を選びたくなる。

 

なんて人も多いと思います。

不思議ですけど、太陽の力って偉大だなあといつも感服しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、minneでオーダーの注文を受けました。

 

うちで作っているミニ財布というのがあるんですけど

f:id:zakkabakka:20190226154357j:plain

 

これの、淡いピンクバージョンは作れませんか、というオーダーでした。

 

以前淡いピンクでペンケースを作ったことがあるので、その時の写真をお見せしてからオーダーをお受けすることになりました。

 

 

 

 

 

 

内側のカードポケットとかも色がついているので、その配色はどうしますか〜とお尋ねしたところ

 

「私のプロフィールから、イメージで決めてもらえませんか?」

 

とのこと。

 

 

 

…おもしろい!(笑)

そんなこと言われたの初めてです。

 

いつもネットショップやってて思うんですが、メッセージだけのやり取りだと少し不安もあるんですよね。

 

でも、「おまかせします!」とのことだったので楽しく作らせて頂くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして出来上がったのがこちらです。


f:id:zakkabakka:20190227150946j:image


内側はこんな感じにしました。

 


f:id:zakkabakka:20190227151010j:image

 

「好きなもの」の中に、ドラえもんと太陽とあったので、そこからイメージしました🙂

 

 

 

 

 

実際にお届けして、

「なんだかどこでもドアを開けるような感じで、使うのがウキウキします!」

と、喜んで頂けたので嬉しかったです。

 

お客さんと一緒に作ってるみたいで、受注制作もいいなぁ〜と思いました。

 

またこんな機会があったら、積極的にやっていきたいと思います^^*

 

 

 

手染めで作る、一点もの革財布・革小物の店|Zakka Bakka

台湾のイベントに出た時の話ー3日目感想編ー

台湾に行って、物価がとても安いなあと感じました。

 

 

特にご飯!

道を歩いていると、いわゆるB級グルメ的なものが本当に安く売られています。

しかも美味しい。

 

鎌倉なんて最安値500円くらいだぞ……( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな台湾なので、私の商品がとっても高いことに気づいた2日目でした。

でも、値下げをすればいいような感じでも無かったので色々考えた結果。

 

 

 

 

「高いなら、元から高く見えるようにディスプレイする作戦」

 

 

 

 

 

まず、ごちゃごちゃ感が可愛いと思って下げていた飾りを全て脇に寄せてスッキリ。

 

そして、机の上に並べていた商品を半分くらいに減らしてスッキリ。

 

スッキリ戦法です。

 

 

 

その効果か知りませんが、見に来てくれるお客さんの内、購入に繋がる割合が高かったです!

とにかく最終日だし、出来ることは全てやろうという気持ちで走りきりました。

 

 

なんと、前日に来てくれたお客さんがまた来てくださったり…!

「昨日見て忘れられなかったから、今度はプレゼント用に買いに来たわ」

と仰ってくださいました。

 

他にも、黄色が大好きな方や、散々悩んで全然別のものに決めていく方…

本当に人の数だけ好みが違うんだなあと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回初めて海外でものを売るという経験をしましたが、素晴らしい体験でした。

とっても勉強になりました。

 

「またまだ自分には出来ないことがこんなにある!」

と思い知らされたと同時に、

「まだまだ出来ること、やることが沢山あるぞ!」

と、わくわくしました。

 

3日間という時間はとっても短くって、ぼーっとしてたらあっという間に終わってしまう時間でした。

 

でもその中で諦めずに、出来ることはやってみると、すぐに効果が返ってくるところが面白かったです。

 

あと、こうしたいなと思った瞬間に行動に移せる時、やっぱり個人でやってるのはいいなって思いました。

実は気を使ってしまうタイプなので、周りの人の顔色を伺わなくていいところが好きです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで台湾出店の旅が終わりました。

来てくださったお客さんはもちろん、このような機会をくださった主催側の皆さん、手伝ってくれた友人、皆さんに感謝しています。

 

長くなりましたが、読んでくだりありがとうございます(^^)

 

 

 

 

 

さ、これから友人の社交ダンスを見に行きます!

その電車の中でブログを仕上げています(am10:50)

好きなことに打ち込んでる人たちって、いいですよね。

そんな空気の中に居られるだけで幸せです(*´∇`*)

 

皆さんも、良い休日をお過ごしになっていますように!

 

 

台湾のイベントに出た時の話ー2日目感想編ー

 

前回のブログで、中国語のポップを作って分かりやすくしたことを書きました。

さあ、そして臨んだ2日目です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかりやすくきちんと効果がありました。

皆、とりあえずポップを見るために立ち止まってくれます。

そしてあからさまな「あ、これ革なの!」という反応!

嬉しかった〜(*´∀`)

 

でも訳の中国語が素晴らしすぎて(通訳さんありがとうございます)、「あ、日本人なの!」と驚く人も多数でした(笑)

 

 

 

 

 

他にも「ごゆっくりご覧下さい」と書いた看板を手に持ってみたり


f:id:zakkabakka:20190203164001j:image

 

こんな感じで、こうやって使うんですよと分かるディスプレイコーナーを作ってみたりしました。

一緒に手伝ってくれた友人からも、随分アドバイスもらいました。本当に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでもすごい売れるわけじゃありません。

お客さんが絶えず来てくれてるわけでもないです。

 

会場にはもう一店舗、台湾人で革財布を出品してるところがあったので覗きに行きました。

お客さんが結構ひっきりなしに来てるんです!

 

そしたら………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

値段が!安い!!!

イタリアンレザー(キラキラ…)

って感じで高級そうなのに、値段が超リーズナブル!

 

「安くない!?」

って聞いたら、

「いえいえそんな……わたくしめの商品なんぞそんな……」

みたいな反応が帰ってきてすごく低姿勢でした。

 

 

 

 

 

その話を台湾人のスタッフさんに話したら

 

「釼持さんの商品、確かに高いよ。この会場で一番高いんじゃない?」

 

と……!

 

たしかに台湾って物価もすごく安いし、市販品でも安くて可愛いものが多い。

いくらハンドメイドとはいえ、世間でもまだまだ「一点物」というイメージよりはバザー感の方が強い感じでした。

 

最近ようやく、「世界にひとつだけのものっていいよね」という雰囲気になってきたようです。

 

 

 

 

 

そこで値下げを考えたのですが、

結局それはやめました。

 

というのも、値下げすればいいという問題でも無さそうだったからです。

 

お客さんの反応として、だいたいの人がサラッと見ていくような感じがしました。

ただし、ハマる人にはとことんハマるということも分かりました。

 

どハマりしたお客さんからは、狂喜乱舞しながら「一緒に写真撮って!!!」と言ってもらいました(笑)

 


f:id:zakkabakka:20190203165454j:image


f:id:zakkabakka:20190203165530j:image

とっても嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな感じで2日目が終わりました。

前日よりも成果があり、また新しい課題も見つかった日でした。

 

ちなみにこの日は土曜日でしたが、なんと月に隔週である出勤・登校日!

なのでお客さんは少なかったです。

少なかったにしては、来たお客さんには喜んで帰ってもらえたので上々!

 

そしていよいよ最終日を迎えます。

3日間って本当に早いです。

 

それではまた次回に続きます!

台湾のイベントに出た時の話ー1日目感想編ー

前回は、やっとのことで入国出来た話でしたが

入国出来てしまえばこっちのもんです。(悪い顔)

 

 

 

 

イベントは松山文創園区というところで、3日間の開催でした。

元はタバコ工場だったところをリノベーションした施設で、今台湾で注目のおしゃれスポットだとか。

 

とにかく敷地がめちゃ広かった。

迷いました。

色々な施設がある中の一角が、イベントスペースになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で始まった1日目。

 

 

 

 

 

なんと、1日通してお客さんが激少なかったです。

 

金曜日ですしね、こんな感じなのかな~!でもちょっと少ないな~!

と、運営側の人も驚いていた様子。

 

 

 

 

 

加えてちょっと驚いたのが、商品を見て

「わぁ、なにこれめっちゃカラフル!」

みたいな反応がそんなに得られなかったことでした。

 

自分の作ってるものが好まれるにしろ好まれないにしろ、珍しいんじゃないかなとは思っていたので

すーーー…っと通り過ぎて行く人が大半でちょっと拍子抜けしたところがありました。

 

 

 

 

結局一日目は人の入りも少なかったし、反応もいまいちだったしで

1つだけ商品が売れて終了しました。

なんだか幸先の悪そうな記事でごめんなさい(笑)

 

 

 

 

 

 

終わってから「どうして反応がいまいちだったんだろう…」ということを一生懸命考えました。

もちろん、「こういうの好きじゃない」って言われてしまったらそれまでなんですけどね(笑)

でも、それ以外のできることはなるべくやろう!と考えた結果。

 

 

 

 

もしかすると、カラフル過ぎて革製品だって気づかれてない可能性?

 

 

 

 

 

んなまさか。と、毎日作って見ている私からすると思いますが、ここは言葉の通じない外国。

なめてはいけない。

 

そこで、台湾人の通訳さんに協力してもらってポップを作ることにしました。

 


f:id:zakkabakka:20190120171347j:image

 

ブースには備え付けの木枠があるので、そこにポップなどは貼り放題。

 

書いてある内容は

「本革を手染めして作っています」

「世界でたった一つの商品です」

「他とは絶対にカブりません」 

ということです。

 

 

 

 

 

 

さて、これを貼って臨んだ2日目!

どんな反応が得られたのか、得られなかったのか……

は、また次回に書こうと思います。

 

 

 

関係ないですが、インフルめちゃくちゃ流行ってますね。

友達の職場では5人倒れたそうで、友達が過労死するんじゃないかと思いました。

 

 

 

それではまた次回!

 

 

 

From:  Zakka Bakka

台湾のイベントに出た時の話―入国編

こんにちは。

年が明けましたね。

年末バタバタしながら「わぁー……」って言ってる間に年が明けてました。

 

みなさんはどんな年末年始過ごしたんでしょうか?

一歩も外に出ないでダラダラしてた方……羨ましいですね。

はたまた外でひたすら飲んで遊んでた方……それも羨ましい。

 

私は冒頭でも述べた通り、バタバタしながら「わぁー……」って言ってたら今に至ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザッカバッカとしては、知ってる方もいらっしゃるかと思うんですが

年末のクリスマスシーズンに台湾のイベントに出店してきました!

今回はその事を書こうと思います。

 

 

 

 

色々びっくりする事があったんですけど、

最初のびっくりは台湾に向かってる途中の飛行機内でした。

 

「皆様、ただいま当機は〜…」

 

おっ、機内アナウンス始まった。

そろそろ降下するんだ。

 

「〜でして、現地の気温は30度〜…」

 

「ええ!?!?」

 

 

 

 

 

機内の乗客8割くらいでドヨドヨってしました。

今クリスマスだよ!?

ここ北半球だよね!?

 

コート、マフラー、セーター……

全くいらない……

 

台湾のクリスマスは、暖かい。

覚えておこう。

ちなみに台湾滞在中の4泊5日、ずっと暖か(暑)かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、台湾に着きました。

ぐるぐる回ってる荷物を待って…

 

わぁ、犬がいる!

可愛いなぁ〜。いや、凛々しいなぁ。

 

ああやって荷物の臭いを嗅ぎ分けて、麻薬犯とかを捕まえてるんだ。

 

 

 

さて、自分の荷物を取って、税関を抜けて。

 

抜け……られない……

 

 

「ちょっと待ってもらえます?こっち来てもらえます?」

「荷物見せてもらえます?」

 

って呼び止められて20分ほどが経ちました。

スーツケースを開けて、商品の包み紙も開けて、税関の人が「どうする?」みたいな相談してるなう。

 

更に悪いことに、「これ何?」って言われた時に「商品です。」って言ったのがアウトでした。

 

税関「これ全部でいくらすんの!?」

私「いや……(数が有りすぎて)分かりません……」

 

海外で物を売るのって、税金かかるんですね。

そんなことも知りませんでした(泣) 

 

 

 

 

 

「どうする?こいつに税金いくら払わせる?」

みたいな相談が続いて(多分)、

このままだと有り金全部税金で持ってかれる……!どうしよう、どうしよ…

そうだ!

 

 

 

 

 

 

 

「そうだ!ボスに電話しましょう!」

 

 

 

 

 

 

で、交渉してもらって

日本円で4500円くらい払って

セーフになりました…。

 

全部で1時間弱かかりました。

泣きそうでした(泣)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場に着いて、

「いや〜!大変だったねぇ〜!!」

っていう話にもちろんなりますよね。

 

主催者Sさん「どうして引っ掛かったんだろう?俺なんてでかい段ボール2、3個カートに積んでるのにサクサク通り抜けられるのに」

 

しかも、Sさんの方が見た目も明らかに怪しいのに(皆の意見)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sさん「あ…!ヌメ革の、匂いじゃない!?」

 

私「!」

 

 

 

……犬ぅぅぅぅ!!

可愛いとか凛々しいとか言って、微笑ましく見ていたあの犬ぅぅぅ!!

 

してやられましたね。

すごいですね、犬の嗅覚って。

 

まあでも、革製品大量に詰めてあるし、犬からしたら

「おい!!!この中に牛が!牛が入ってんぞ!!」

くらいの感じですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ともあれ無事に入国できて、会場入りできて良かったです。

 


f:id:zakkabakka:20190114101852j:image

 

ブースはこんな感じです。

すっかり外は暗くなっちゃいましたね。

 

 

 

 

 

次は、実際にイベントで売った感想を書きたいと思ってます。

 

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします!

 

それでは、また次回。