zakkabakkaのブログ

革のこと、関係ないことまで色々とお店の日々を書いてます。

レターパックライト紛失事件

大変なことがおこってしまった。

お客様からオーダーされた名刺入れ。がんばって作ってレターパックライトで送ったのだが、

「届いていません」と連絡があったのだ。

うひょ~~~~

どうしよう。

 

レターパックライトっていうのは、郵便局で購入し、厚さ3センチまでなら大丈夫。出すときはそのままポストに投函するか、あるいは郵便局の窓口で出すだけ。360円で日本国中送れる。届け先のポストにそのまま投函されるので、不在がちな人に人気なのだ。ゆうパックで送ると対面ではんこ押して渡すから安心なのだが、忙しい人には逆に不人気。日中はいないわけだし、夜の帰宅も遅いし。というわけで、わざわざ「レターパックライトで送ってください」と言われることも多いのだ。

日本郵便のサイトでは、「追跡番号がついているから安心」と大々的に書いてある。

 

そのレターパックライトが紛失したのだ。

 

追跡番号で追跡しても「配達済み」と表示されるだけ。届け先の郵便局に電話で問いただしても「確かに配達しました」と言われるだけ。

でも、相手に届いてないんだよね。これって、誰かがわざわざポストに手を突っ込んで泥棒したの???

 

謎は深まるばかりだ。

 

とにかく、レターパックライトは出てこなかった。

郵便局は「紛失しても補償はついていません」の一点張り。

 

じゃあさ、補償がついていないなら、追跡番号なんてなんの意味もないじゃない???あきらめないで追跡しておくれよ。おーーい!

 

そんな事情はお客様には関係ないから、また新しいのを作って送った。

 

これからは、不在がちの人にもゆうパックで送るしかないかな、と話し合っている。

 

郵便局は「ポスト荒らし」のせいにしているが、そんなにポストが荒らされるなら、警察に相談したほうがいいと思うのだがね。

 

日本郵便よ、レターパックライトの宣伝文にはこう書きたまえ。

レターパックライトは紛失することがありますが、その際、いかなる理由でも補償しません。追跡番号がついていても、補償するわけではありませんので、悪しからず。」とね。

letterpack_002