zakkabakkaのブログ

革のこと、関係ないことまで色々とお店の日々を書いてます。

当たり前のことって、大事だけど忘れがち。

最近、珍しく頂いた大量生産の仕事を終えました。

普段のザッカバッカの仕事は、ひとつずつ切り出して、染めて、縫って、写真を撮る…そんな素朴なものです。

しかしこの度、同じ色と形の商品を大量に作るという作業をすることになったのです。

 

何かと言いますと、まず発明家の友人がおりまして。

「発明家…?」って胡散臭く思ったあなたは後悔することになるでしょう(笑)

すごく儲けてるんです。実力派なんです。

その人が考案した形のお財布でクラウドファンディングをすることになり、商品が大量に必要になる…というわけでした。

 

ちなみにそのプロジェクトがこちら

もう終了していますが、9877%の成功率ってどういうこと…?

普通に生活していて「成功率は9877%です」ってこと、あります?

 

とにかくすごい売れてますよね。羨ましいです。

これはマクアケという日本の会社ですが、なんでもこれが台湾の会社の目に留まり、台湾でもクラウドファンディングすることになりました。

そこに、私が染めたラインナップも出品することになったというわけです。

 

 

 

 

 

普段の仕事と比べて、楽だと思ってました。

「1日目は切り出して染めよう。2日目はここまでやって…うん、いいぞ。」

と軽快にスケジュールをメモ帳に書き出していきます。

 

しかし、全然計画通りに進まない。

同じ作業が続くとゴールが見えなくなっていくんですね。

長距離走でも、景色が変わる街中を走るのと、校庭を何週も走らされるのとでは後者の方がうんと長く感じたものです。

するとスピードが落ちていくのですが、この仕事には納期がある。

やらないと……という風に、どんどん追い込まれていきます。

よくドラマで見る漫画家さんとかってこんな感じなんだろうか、これで担当が後ろで待機してたらプレッシャーの極みだな、と思いました。

本当に大変でした(笑)

 

ただ大変ではあっても、嫌だと思ったことは一度もありません。

種類は違えど、基本的に好きなことをしていることに変わりはないのです。

あと作りながら思ったのですが、「疲れた、嫌だ」という気持ちで作ったら、お財布に伝わってしまうような気もします。

だからアニメを観ながら縫ったり、おやつを食べたり、息抜きをしながらやっていました。

 

それに誰かが言っていました、「忙しいのっていいことだよね。自分にしか出来ないから頼まれてるんだもん」と。

そうです、ありがたいことなんだとつくづく思いました。

 

 

 

 

 

そうして気合と根性で乗り越えた大量生産。

終えてみて良いことがありました。

 

それは普段の仕事の楽しさに、改めて気づけたこと。

「今回はどんな配色にしようかな」と悩んだり、それによって一つずつ出来上がりが違ったり、合間に違う作業が挟まってきたりすることが、こんなに楽しいなんて。

少し忘れていたかもしれません。

 

余った革に、ロゴを押しているところ。

 

これだけでも、自分が一回り大きな人間になれたような気がします。(単純)

何か怖いものを一つ乗り越えたような、やり方を習得したような。

次にまた同じ仕事が来ても余裕を持って挑める、そんな気がします。

 

きっとしばらくは無いんだろうな。だからザッカバッカのお財布たちを作ることに専念したいと思います。

気づいたら在庫が少ない。

せっかく見に来てくれたお客さんに、「この中から選ぶの?」と思わせてしまったら申し訳ない気持ちです。

だから頑張って揃えていきます!

 

どれから作ろう、何色から作ろう。

今日は晴れているから水色を入れようかな、秋だからオレンジもいい。

そんな風にワクワクしながらお財布を作って、それが手に取ってくださった方にも伝わればいいなと思います。

 

毎日のルーティンの中で忘れがちだったこの気持ちを、改めて思い出すことが出来ました。

気合と根性で乗り切る仕事も、たまには悪くない。

普段とは違った仕事を引き受けてみるのも、たまには良いものでした。

 

 

From:Zakka Bakka

のんびりしてるなあ

革が来ない。

 

 

 

 

 

 

うちはお財布に使う革を、2つの問屋さんに頼んでいます。

レザーメイトさとうさんと、松吉さんです。

どっちも牛革なんですけど、用途にあわせて使い分けてるんですね。

 

松吉さんのところで頼むようになったのは、

「近くにいるので、営業に行っても良いでしょうか?」

という電話があり、営業さんがアトリエに来てくれたのです。

 

最近は個人店にもよく営業に行くのだそうです。

最近革業界が下火だというのは知ってたんですけど、まさかうちのようなちっぽけな店にまで来て下さるとは!

 

これもありがたいご縁ということで、お願いすることになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

で…松吉さんの革全然届かない(笑)

だいたいいつも遅いんです。

 

「1週間くらい見てもらえれば、お届けできます」

って言われたんだけど、それ以内に来たことほぼない。

 

事情を聞くと、

松吉さん→姫路の工場に頼む→工場の人が倉庫に取りに行く 

って流れらしいんですけど、工場の人が倉庫に取りに行ってないらしいです。

 

なぜだ(笑)

 

 

 

 

 

今ってネットですぐに注文出来て、すぐに届く時代です。

だからすごく、のんびりしてるなあと思ってしまいます。

 

自分の趣味で買った商品とかだったら、のんびり待つんですけど。

仕事なので、素材は早くほしい。

 

昔からそうやっていたのかしらんけど、時代に合わせて頑張らないといけないと私は思います。

だから革業界が下火になってしまうんではないの?

 

取りに行かない工場の人もそうだけど、松吉さんもお尻叩いてほしいですね。

牛年だし、気張っていこーぜ!

 

 

 

 

ちなみに佐藤さんのとこはめっさ早いです。

店に在庫があれば、次の日には届きます。

ちなみにうちもめっさ早いです。

だいたい注文してもらったその日に発送してます。えっへん!

 

 

 

 

 

こうやってお客さんの声を一つずつ拾っていくのって、すごく大事なことだと思います。

ザッカバッカもそれを心掛けています。

だからどんなに小さなことでも、言ってみてくださいね。

もちろんイエスマンにはなれませんが、お客さんの言ってくださったことで「そうか、そうした方がいいなー」「それいいじゃん、採用!」ってパターン結構あるので。

そうやってお客さんと一緒に、お店を進化させていけたらハッピーだなと思います。

 

 

 

さて、今日で一週間。

姫路からまだ革はこないみたいです。

今週中にはくるかな~、革(笑)

 

 

From:Zakka Bakka

お財布をたくさん買う人

お財布をいくつも買う人って、何に使っているんでしょうか。

いや、そりゃお金入れるために使っているのか。

 

そうなんですけどね、「この前も長財布買ってくれたのに、また長財布買ってる!」というお客さんがたまにいらっしゃいます。

なんで・・・・?

 

理由を教えてくれる方もいます。

「この間のお財布が可愛かったので、また買いました!気分に合わせて、使い分けようと思っています♪」

 

そうですか!ありがとうございます。

気分に合わせて使い分けされるんですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気分に合わせて使い分け?

 

なんとマメな方だろうか・・・・!

そしておしゃれさん!!なんだろうか。

 

わたくし、お財布を作ることはしますが

そんな風にお財布を気分や季節に合わせて使い分けるなんてしたことございません。

すごい。

 

うちはカラフルなものを沢山作っているので、そんな風に買ってくださる方もいるんだなあと知りました。

嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しれっとブログを書いていますが、2021年ですね。

もう今年からは「今年はブログを頑張ります!」って言うのやめます。

 

こうやって思いついたときに、ちょろっと書くことにします。

「よし、ブログ書くぞ!」て気張っちゃうと、全然書けないんですよね・・・。

「これは仕事だ」って思った瞬間、やる気がなくなるってことありませんか?

私は学びました。気楽にやろうと思います。

 

それでは今年もよろしくお願いいたします。

皆さん風邪にはどうぞ気を付けて!

 

FROM:ザッカバッカ

新年なので何でもおめでたい。

 

おはようございます。

いや、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

皆さん、どんな風に年越し&年明けを過ごされましたか?

ちなみに私は、何を隠そうお酒を飲むことが好きなのです。

そして、年越しは飲みすぎて年明けは二日酔いでした。

 

意外ですか?

意外じゃありませんか?

 

意外だと思った方、多分お会いすれば意外さは消滅すると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の週末、ビッグサイトのイベントに出店いたします。

ハンドメイドサイトcreema主催の「Handmade In Japan 2020 冬」です。

そこでもし皆さんにお会いできたら嬉しいなぁ!と思っております。

 

 

 

 

入場料がかかりますが、なんと映画を1本観るより安いのです。

ハンドメイド作品、こだわりの一点物などお好きな方には大変贅沢なイベントです。

 

本当は私も出店そっちのけで遊び呆けたい気分です。

なんせ会場はビッグサイトだし、出店数めちゃくちゃ多いので1日居ても回りきれるかどうか……。

 

 

 

 

 

以前よりフードコーナーも充実していて、出ているご飯のまた美味しいこと!

フードコーナーだけで一時間は居られます。

 

ダイエット?

そんな概念この日は宇宙の彼方に葬りましょう。

大丈夫、1日遊べばカロリーは帳消しです。

 

 

 

 

 

 

あと、LIVEも観たい!

ステージで音楽もやります。

 

これねー、観れたことないんですよね。

でも観たらきっと、お気に入りの音楽が見つかる気がする。

 

やはり一度はお客さんとして行くべき…か。

 

 

 

 

そして謎に各所で突然始まるプロレスが面白い(笑)

結構すごいですよ!

ブースがある、そこら辺の通路でやってるのでリングとかありませんから。

こんな間近でプロレス見たの、初めてでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ザッカバッカは、普段の物販は半量にして今回は特別企画をやります。

 

「あなただけのバッグ、その場で仕立てますコーナー」です!(ジャーン)

 

どういうことかと言いますと、来て下さると縫製前のバッグのパーツが置いてあります。

その中から、お好きなパーツを選んで頂きます。

 

バッグの全面、背面、持ち手。

それを職人さんに渡します。

 

職人さん、私じゃないです。

なんと今回は先輩の職人さんとコラボします!

名だたるブランドの縫製など、普段は量産の仕事をされています。

 

ミシンを持って行くので、目の前でバッグが出来上がっているところもご覧頂けます。

 

バッグの種類は3種類、でかトート・コロンとしたバッグ・ミニバッグです。


f:id:zakkabakka:20200105101427j:image

 

革にプリントして、それと組み合わせるように革のチャームがプラプラしてるようなデザインだったり。

 

他にも可愛いバッグを考え中です。

イベントまでに間に合えば、色々出そうと思ってます。

 

 

 

 

 

もし、ご都合が合えばぜひ来てください。

絶対楽しいので(^^)

 

もう一度言います。

お客として行きたい(笑)

 

そこはグッと次のお楽しみにとっておいて、当日は皆さんに楽しんで貰えるよう精一杯頑張ります。

 

ザッカバッカのブース番号はF-125です。

もし来て下さる方は、顔を見に寄ってくだされば嬉しい限りです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後になりますが、全く関係ない話をお伝えしようと思います。

今朝パン屋でパンを買って、食べたのですが

 

下に付いてる紙が一緒に胃の中に入りました。

 

……

 

気づかなかった。ちっとも。

1口だけだし、大丈夫ですよね。

ていうかヤギも紙食べてるし、人間だって平気ですよね。

 

皆さんも気をつけてくださいね!

 

ということをお伝えして終わります。

それでは、今日も良い1日をお過ごしください。

 

From: Zakka Bakka

色んな形の「ものづくり」

ハンドメイドマーケット「minne」が、販路を拡大しました。

(詳しくはこちら

人が一から手で生み出したモノだけでなく、
生産過程の一部を人に頼んだモノや、
自作のデザインをプリントしたモノなども販売できるようになりました。

更に、代理出品、いわゆるセレクトショップも出店可能になりました。





買い手は、今までより一層多くの「こだわり」作品を見つけられるでしょう!
良いことですね。

ただ、売り手はより一層レベルの高い中で作品を出していくことになると思います。










5年前、「自分で作ったモノを売ろう」と思って始めた時から随分ハンドメイド市場の様子も変わったように思います。

当初のハンドメイドのイメージを誤解を恐れずに言うと
「少し下手でも心のこもった、世界に一つだけのモノ」
でした。

実際、当時出品していた「iichi」「creema」「dクリエイターズ」でも
在庫数が一つだけの作品も多かったと思います。





ていうか「dクリエイターズ」わかる人います?(笑)
懐かしくないですか(笑)






さて、そこから時代が大きく変わりましたよね。

今はもう、商品の質だけでなく、写真の撮り方や魅せ方、説明文の書き方まで全てがメーカー顔負けです。

イベントに出店しても、右も左も後ろも、すごいクオリティ。

お客さんの目も肥えてきていると感じます。

売り手としては、日々しごかれ、勉強になる。
そしてもっともっと、高みを目指したい気持ちになります。





一方、趣味から始めた個人が簡単に足を踏み入れられなくなってきちゃったようにも感じます。

私自身も職人の出とかではなく、ただ手作りが好きということから始めました。

でも当時の自分がもし今のハンドメイド戦国時代で売る勇気があったかと言われると……

ないかも(笑)





でも、そういう風に「ちょっと自分の作ったもの売ってみたい」って思う人、きっと沢山いますよね。

例えば専業主婦かもしれないし、副業でやりたいかもしれない。
そういう人には、だいぶハードル上がっちゃったなあ…と思います。

私も普通に、自分で作ってて思うときあります。
「このクオリティじゃ、出せない!!」って。

そうすると、手仕事人としては技術も上がるし良いことだとも思います。

ただ「クオリティ」の意味を履き違えて「手仕事の温かさ」をなくしたくはない。





「手仕事の温かさ」の意味は、きっとそれぞれの感覚で違ってくると思います。

ちなみにザッカバッカは、私も母も、ずーっと変わらずやっていきたいなと思っています。

大きくもせず、量産もせず。
自分たちが一から作ったモノを、売り続ける。

毎日、

「こんなの作ったら可愛くない!?」
「いやそれ超可愛いでしょ!」

なーんてやり取りしながら作っている、
ひとつ作る度に結構疲れる、

そんな毎日を続けていきたい。





例えば会社にしたり、生産ライン確保したり、大きくすると色々考えること増えるじゃないですか。
そうすると、作ること以外のことを考えなきゃならん時間が増えちゃいます。

じゃあそういう諸々の面倒事を、
コンサルタント雇ったり、広告打ったり…
ってやってると、材料費以外の出費も増えちゃいます。





要するに、手作りを自分たちがやってるのが、一番好きなんです。

「作ること」になるべく多くのお金と時間をかけたい。

何作ろうか考えて、形にしてみて、
失敗して、成功して、
それが売れて、喜んでもらえて。

それらの全ての工程を自分たちでやるのが、大好きなんです。
それだけです。






あーーー
死ぬまでこうやって作って売って、
ぽっくり死にたいなぁーーーー(笑)

まだ先は長いですけどね。
うちの母だって多分100歳過ぎてもまだ作ってんじゃないですか(笑)


人員増えるとしたら、自分のこどもがやりたいって言ったときくらいですかね。

……その前に誰か結婚相手探してくれます?(真顔)





長くなりましたが、ここいらで終わります。

色んな考え方がありますが、ザッカバッカはとにかく2人とも、モノづくり大好きということです。

伝わりますように。
伝わってください。
伝われ。

改めてこんな私たちですが、
これからもよろしくお願いします。

From: Zakka Bakka

雨の日の靴

どうやら梅雨に入ったようです。

数日前から、今日梅雨入りするって言われてたの、皆さん知ってましたか?

私は知りませんでした。

 

「私が1番早く梅雨入りに気づいた」

くらいに思ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日の靴、皆さんどうしてるんでしょう。

困りますよね。

 

今のところ、私には2つのパターンしかありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パターンその1:レインシューズ

これは多様します。

雨の日に必ずと言っていいほど履きます。

見た目スリッポンなので、普通の日にも使えるし超便利です。

 

ちなみにこちら。

 


f:id:zakkabakka:20190611153154j:image

 

なにせ安い(笑)

安いのに、もう1年も使えている。

まだまだ綺麗だし、これからも使っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パターンその2:サンダル

全てを諦めた作戦です。

海を歩くようなビーサンが1番おすすめ。

 

そういえば、鎌倉市民なので持ってるんですけど、ビーサンって持ってない人もいるんでしょうか?

 

あと、夏になるとビーサンが日常の靴になるんですけど

それって海のある街のみでしょうか?

 

話を戻しましょう。

これは全てを諦めたような作戦のように見えて、実は清々しくダメージを回避した作戦でもあります。

 

というか、ダメージを受けつつ、全てを無かったことにする

そんな作戦です。

 

目的地に到着した時に、タオルが必須になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の2パターンで生活していましたが、どうもそうは行かない状況になっちゃいました。

 

今度の日曜日、友人の結婚式二次会に出席します。

 

スリッポンかビーサンは……アウトですよね…。

 

 

 

 

 

 

ということでパターンその3:防水スプレーをかける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おや……

 

…このパターン、もっと早くやっていても良かったのでは…?

 

どれだけずぼらか、バレてしまいますね☆

 

 

 

 

すぼらな私ですが、ちょっとおめかししてパーティを楽しんで来たいと思います。

高校の時の友人です、おめでたや!

プチ同窓会になりそうで、楽しみです。

 

雨の日の靴についてパターンその4がある方は教えてください。

 

それでは!

 

 

https://www.zakkabakka.net/

 

今週のお題「雨の日の楽しみ方」

パステルピンクのミニ財布

最近春めいて来ましたよね。

出かける時につい、明るい色の服とか鞄を手に取ることが増えました。

 

お日様がぽかぽかしてると、気分もぽかぽかしてくるし

そうすると何故か明るい色を選びたくなる。

 

なんて人も多いと思います。

不思議ですけど、太陽の力って偉大だなあといつも感服しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、minneでオーダーの注文を受けました。

 

うちで作っているミニ財布というのがあるんですけど

f:id:zakkabakka:20190226154357j:plain

 

これの、淡いピンクバージョンは作れませんか、というオーダーでした。

 

以前淡いピンクでペンケースを作ったことがあるので、その時の写真をお見せしてからオーダーをお受けすることになりました。

 

 

 

 

 

 

内側のカードポケットとかも色がついているので、その配色はどうしますか〜とお尋ねしたところ

 

「私のプロフィールから、イメージで決めてもらえませんか?」

 

とのこと。

 

 

 

…おもしろい!(笑)

そんなこと言われたの初めてです。

 

いつもネットショップやってて思うんですが、メッセージだけのやり取りだと少し不安もあるんですよね。

 

でも、「おまかせします!」とのことだったので楽しく作らせて頂くことにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして出来上がったのがこちらです。


f:id:zakkabakka:20190227150946j:image


内側はこんな感じにしました。

 


f:id:zakkabakka:20190227151010j:image

 

「好きなもの」の中に、ドラえもんと太陽とあったので、そこからイメージしました🙂

 

 

 

 

 

実際にお届けして、

「なんだかどこでもドアを開けるような感じで、使うのがウキウキします!」

と、喜んで頂けたので嬉しかったです。

 

お客さんと一緒に作ってるみたいで、受注制作もいいなぁ〜と思いました。

 

またこんな機会があったら、積極的にやっていきたいと思います^^*

 

 

 

手染めで作る、一点もの革財布・革小物の店|Zakka Bakka